悩まないで!湾曲ペニス・屈曲ペニス・ペロニー病の情報まとめ

HOME » ペニスが曲がっているのは病気かも?ペロニー病まとめ

ペニスが曲がっているのは病気かも?ペロニー病まとめ

そもそもペロニー病とは?

陰茎硬化症や形成性陰茎硬化症、ペロイニー病などと呼ばれることもあります。陰茎海綿体白膜に線維性のプラークができてしまいます。その結果、勃起時に陰茎痛や陰茎弯曲が起こる病気です。

ペロニー病は、進行性の病気と言われています。そのため勃起時の湾曲がひどくなれば、性行為に支障をきたす状況に陥ってしまうでしょう。しかし悪性のものではありません。そのため放置しても生命に危険を及ぼすようなことはないでしょう。またペロニー病は、基本的に後天性の疾患です。もしも陰茎が先天的に湾曲している場合は、「先天性陰茎湾曲症」と言う別の疾患になるので注意してください。

ペロニー病の発生頻度

ペロニー病の罹患率は、疫学的な調査が難しいためハッキリわかっていません。しかし想定している罹患率よりも多いと言われています。

欧米の場合、100人に7~8人程度と報告されています。日本の場合、予想されている罹患率は3~9%程度です。しかし、治療を行わない人も多いため、発症頻度はもっと多い可能性があります。

発症年齢についてですが、どの年齢であっても発症すると言われています。若年者から高齢者まで起こる可能性があるため注意してください。

ペロニー病の原因

ペロニー病の原因については、まだハッキリわかっていませんが、以下のものがペロニー病のリスクファクターと言われています。

  • 糖尿病
  • 高血圧
  • 高脂血症
  • 喫煙
  • 非淋菌性尿道炎
  • 炎症性性器疾患
  • 生殖器手術歴(特に前立腺全摘除術後)
  • 性腺機能低下症、デュピュイトラン拘縮

そのためこれらに当てはまる場合にはペロニー病が起こっていないかチェックするようにしましょう。ほかにも事故や性行為による陰茎の損傷でも起こりうると考えられています。

ペロニー病の症状・合併症

ペロニー病の症状として陰茎湾曲や勃起時の痛み、勃起障害などがあります。

それらの症状から性行為の障害などの合併症をきたすでしょう。さらに手足の拘縮が起こる場合にもあるので注意しましょう。

ペロニー病の診断方法

ペロニー病を診断するためには、状態を視覚的に確認する必要があります。

  • 外傷の既往の有無
  • 発症の時期
  • しこりや痛みの有無
  • 陰茎知覚異常の有無
  • 勃起硬度の程度

上記のような内容の問診を行います。また自宅で完全勃起時のポラロイドや携帯電話、デジタルカメラなどを用いて写真を撮りましょう。そうすることで、より具体的に症状を把握することが可能です。

診察は、しこり部位を触診にて確認します。しこりが確認できれば超音波検査やMRI検査を実施。しこりの厚さや大きさ、石灰化の有無などのチェックを行います。また陰茎知覚異常の可能性がある場合は、振動覚測定などを実施します。

ペロニー病の治療方法

基本的に、すぐ手術になる可能性は低いでしょう。まずは薬剤などによる保存治療を行います。症状が安定するまで様子をみるのが一般的です。

保存治療

ペロニー病を発症してから半年~1年程度は、活動期と言われています。つまりプラークが増えることによって、陰茎の湾曲が進行する時期です。そのため、この期間はトラニラストなどの薬物療法を行います。症状の進行を妨げる効果が期待出来るでしょう。状態によっては陰茎の硬結が縮小し、経過が良好だと消失するケースもあります。そのためプラークが現れる前に治療を開始することが重要です。

症状を進行させないためにも、できるだけ早めに医療機関で診てもらうようにしてください。専門医に診せることによって、適切な治療を行うことができるでしょう。

手術療法

ペロニー病の手術には、大きく分けて縫縮法と移植法があります。

縫縮法はプリケーション法とも呼ばれる手術法です。陰茎の湾曲を形成することが治療の目的となります。しこりや痛みの改善はできないので、この手術法を選択する場合には注意が必要です。また陰茎短縮を招く恐れがある点もデメリットと言えるでしょう。

移植法は真皮や静脈移植があります。縫縮法よりも、ややテクニックが必要な手術と言われています。しこりを切除又は切開して短くなってしまった陰茎を伸ばす方法です。

組織検査も行うことが多いため、確定診断が可能になるでしょう。

どちらの手術であってもリスクがゼロという訳ではありません。術後の合併症として、一番多いのが勃起の機能不全です。また陰茎の感覚の障害を招くケースもあります。しかし、勃起の機能不全は一時的な場合が多くあるため、徐々に改善していくでしょう。とくに術前から勃起機能不全がある場合には、術後の勃起機能不全のリスクが高まると言われているので注意してくださいね。

ペロニー病の入院期間

手術を行う場合、入院期間は症状や手術法によって異なります。おおよそ3泊4日程度の入院が必要でしょう。ただし縫縮法を選択し、局所麻酔で手術を行う場合には日帰り手術も可能な場合があります。

また糖尿病などの持病がある場合には、血糖コントロールなど別の治療が必要になるため入院期間が長くなる恐れがあるでしょう。

退院後の注意点

手術を行ったあと、すぐに普段通りの生活が過ごせる訳ではありません。術後一週間程度は、傷跡を濡らさないように注意しましょう。また飲酒も避けるようにしてください。性行為や自慰行為は、術後2ヶ月以上経過してからです。状況によっては、2ヶ月経過しても、それらの行為は行えない場合もあるため、必ず医師の判断に従うようにしてください。

退院してからの外来通院は退院してから1週間後、手術から2ヶ月目、4ヶ月目、6ヶ月目、1年目に行うのが一般的です。症状によって、回数が増える場合もあるので確認してください。

ペロニー病の手術費用について

ペロニー病の治療について、一概にいくらとは言えません。保険診療で行うのか、自由診療で行うのかによって、大きく費用面が変わってきます。

保険診療であれば、3泊4日の入院で50~60万程度の費用がかかってきます。自己負担割合が3割の方であれば、15~18万程度の自己負担する必要があるでしょう。さらに条件さえあえば、高額療養制度によって、自己負担限度額からオーバーした分が戻る場合もあります。そのため一度高額療養制度が使えるかどうかチェックしてくださいね。

費用に関しては手術を行う前に、しっかり確認するようにしましょう。とくに自由診療の場合、費用が高額になる恐れがあります。麻酔や手術、薬、術後の診察などの費用が含まれているかも必ず確認してください。術後のトラブル時のアフターケアも確認しておけば、術後も安心でしょう。

ペロニー病は早期に治療を行いましょう

ペロニー病など陰茎の悩みは、なかなか相談しにくいデリケートな問題です。そのため診察を受けずに1人で悩んでいるケースも多いと言われています。しかし状況が悪化すれば、痛みなどの症状が現れる場合もあるでしょう。その結果、保存治療が行えず手術が必要になってきます。

手術を行わないためにも早めに医療機関で相談するようにしてください。そうすることで保存療法によって症状が落ち着く場合もあります。医療機関によっては、プライバシーに配慮してくれているため安心して治療を開始してくださいね。

治療を行う医療機関を探す場合には、ペロニー病の治療実績がある病院を選ぶようにしましょう。またカウンセリングを丁寧に行ってくれる医療機関の方が望ましいです。カウンセリングを行うことによって、悩みや治療の不安点などを相談することができますよ。

PAGE TOP