悩まないで!湾曲ペニス・屈曲ペニス・ペロニー病の情報まとめ

HOME » ペロニー病に関するQ&A

ペロニー病に関するQ&A

このカテゴリでは、ペロニー病に関する、よくある質問に回答しています。

ペロニー病Q&A

クエスチョン ペロニー病の原因とは、何なのでしょうか?

アンサー ペロニー病は、陰茎内の組織である白膜に、良性のしこりができる病気です。その原因ははっきりと解明されていませんが、30代以降に発症するケースがほとんどなので、一種のエイジング現象と考えられています。

また患者の多くに糖尿病や通風の症状、またアルコールの日常的な摂取習慣があることから、関連が疑われています。しかし発症率はそれほど高くなく、100人に7~8人程度だそうです(欧米の調査による)。

クエスチョン ペロニー病は完治しますか?

アンサー 専門医の適切な治療を受ければ、しこりは除去できます。陰茎の湾曲も、ほぼ元通り矯正できるでしょう。とは言えペロニー病のしこり自体は良性です。ペニスの湾曲が気にならないという場合、放置しても大病に発展することはありません。

患者自身が治療の中で何を重視し、どのような治療法を選択するかで、完治の意味合いも変わってくるでしょう。

クエスチョン ペロニー病の治療には、どのぐらいの時間がかかるものなのでしょうか?

アンサー 医師の治療方針により異なりますが、ペロニー病の進行がそれほど進んでいない場合、薬の処方や局所注射などでしこりを小さくし、湾曲を最小限に抑えることも可能です。これらの「保存療法」は半年~1年程度続けられることになるでしょう。

またペロニー病が進行していても、一定期間投薬を行い、しこりの縮小を図る場合があります。

保存療法で思うような効果が得られなかった場合、患者の意思を確認のうえ外科手術が行われます。

クエスチョン 手術後に後遺症が残るということはありますか?

アンサー 心配するほどの後遺症はありません。しこりが陰部背神経、動静脈を巻き込んでいる場合は、一時的なしびれや勃起障害が生じる場合がありますが、これらの症状は時間経過とともに改善します。しかし、もともとEDの症状がある場合、術後に悪化することもあります。

またペロニー病の手術のひとつである縫縮法(プリケーション法)を採用した場合、しこりそのものは除去しません。ですからもともと生じていた勃起時の痛みも、残ることになります。

クエスチョン ペロニー病の手術後に、ペニスの感度が落ちてしまうということはありますか?

アンサー 基本的にはありません。しかし、ペロニー病の手術には高い技術が要求されます。特に移植法の場合は、対応可能なクリニックも少なくなっています。外科手術を行う際は、症例数が豊富で、高い技術力を持つ医師やクリニックを選ぶようにして下さい。

クエスチョンペロニー病の発生頻度はどのくらいですか?

アンサー2000年に行われたドイツ人男性8,000名の発生頻度調査の結果では、しこりの触知が見られた人が3.2%という結果が出ています。

年代での頻度は、30代で1.5%、40代は3.0%、50代3.0%、60代4.0%、70代以上が6.5%と、年代が高くなるほど発生頻度も高くなるようです。

表れる症状としては、陰茎弯曲が最も多く80%以上を占め、その他勃起時の痛みが46%、勃起障害が40.8%、その他の症状が1%強と続いています。

クエスチョンペロニー病はがんを誘発しますか?

アンサー「ペロニー病からがんになる」ことはないと考えられています。

ただし、「ペロニー病の症状だと思っていたしこりや痛みが実はがんだった」ということはあり得ます。

ペロニー病のしこりとがんは区別が難しいため、正確に判断するためにしこりの細胞を採取し、組織検査を行うこともあるほどです。

がんが心配な人は、専門医の診察を受けると良いでしょう。

クエスチョンペロニー病に合併症はありますか?

アンサーペロニー病が他の病気を併発することはありませんが、陰茎が弯曲したり、勃起障害症状が出た場合には性交障害の原因となることがあります。

そのほか、症状が進行すると手のひらや足の裏が厚くなったり、指の変形が起こることもあります。

クエスチョンどのような診察でペロニー病と診断するのですか?

アンサーまずは外傷の有無を確認するほか、しこりや痛みがないか、陰茎知覚に異常が出ていないか、勃起した陰茎の硬度に異常がないかを確認します。

勃起時陰茎弯曲の症状が出ている場合は、絵などでその状態を表現してもらったり、自宅で勃起の状態を撮影していただき、それを診て判断することもあります。

その後しこりの部位や大きさを確認したり、超音波やMRIなどでしこりの厚さや大きさを確認するといった診察を行い、ペロニー病であるかを判断する流れです。

クエスチョンペロニー病の治療方法について教えてください。

アンサー治療を開始してすぐに手術を行うのではなく、最初は症状が安定するまで、また安定してから半年くらい経過するまでは薬剤での治療を行います。

使用する薬剤はビタミンEや京王PG E1製剤、ケロイドや肥厚性瘢痕の治療に用いられるトラニラスト、コルヒチンなどのほか、しこりに直接行う局所注射を用いることもあります。

局所注射は痛みが強いときのみ行い、通常は内服薬での治療を進めていきます。

クエスチョンペロニー病の手術はどのくらいの時間・期間で行うのですか?

アンサー 症状が安定するまで、さらに安定してから6ヶ月間は手術を行わないので、症状が発生してから1年ほど経過してから手術を行います。

ペロニー病の手術では縫縮(ほうしゅく)法という手術を行い、手術時間は約1時間半ほどです。

真皮や静脈移植を行う移植法では、採取時間を入れて2時間半ほど要します。

ちなみに、ペロニー病の手術では入院が必要です。縫縮法、移植法ともに3泊程度入院する形になります。

糖尿病疾患を持っている人は血糖コントロールが必要になるため、もう少し長くなるでしょう。

ただし、縫縮法を局所麻酔で行うのであれば、日帰り手術も可能です。

クエスチョン退院後に注意する点について教えてください。

アンサー 手術日から1週間ほどの間は傷を濡らさないようにすること、また同じく1週間ほどはアルコール類の摂取も避けてください。

1週間後以降はシャワーで傷が濡れても大丈夫になり、2週間以降はアルコール類も摂取して大丈夫です。

傷口が濡れた場合はマキロンで消毒をしてください。

抜糸の必要がない糸を使用することが多いですが、縫縮した部分は安定するまで安静にしておく必要があるため、特殊な包帯を一定期間巻きます。

手術後2ヶ月が経過した後、診察の結果次第で性交や自慰行為が可能になります。

PAGE TOP