悩まないで!湾曲ペニス・屈曲ペニス・ペロニー病の情報まとめ

HOME » ペロニー病の治療法【外科手術】

ペロニー病の治療法【外科手術】

このカテゴリでは、ペロニー病の手術法についてリサーチしています。

ペロニー病治療の正しい知識

中年男性の股間を襲う「突然のペニス湾曲」。若い時は、何の問題もなく真っ直ぐに勃起していたはずのペニスが、なぜか下方向や左右のあらぬ向きへ湾曲している…、そんな症状を生む病気が「ペロニー病」です。

ペロニー病は「ペニスにしこりができる」という病気です。しこり自体は良性なので、大病に発展することはないのですが、ペニスを屈曲させてしまうので、性行為がスムーズに進められなくなります。

「挿入してもすぐ抜け落ちてしまう」「相手が痛がる」などの問題が生じるのです。屈曲がひどくなると「挿入できない」というケースが生じることもあるのだから怖いですよね。

ペロニー病は自然治癒しないので、自覚症状があった場合は、すぐにクリニックで診療を受けるのがおすすめです。しこりが肥大化していなければ、保存療法(投薬や局所注射など)で治癒する場合もありますが、大きな効果が得られない場合、外科手術へと進むこともあります。

手術になった場合、所要時間は30分~90分程度。局所麻酔の場合は日帰りも可能ですが、場合によっては入院することもあり得ます。手術の内容や症状の進行具合によってさまざまですので、医師と相談してみてくださいね。

また、湾曲ペニスの場合はほぼ一回の手術で完全に矯正できますので、悩んでいる時間があったら手術をすることをおすすめします。

本カテゴリには、ペロニー病手術の代表例を紹介するコンテンツを用意していますよ。

  • 縫縮法(プリケーション法)
    ペロニー病の手術でも、比較的簡易な方法。そのメリット・デメリットとは?
  • 移植法(真皮や静脈移植)
    高い技術を要する、ペロニー病の手術法。その詳細って…?

ぜひ各ページの内容に目を通し、ペロニー病治療についての知識を深めてください。

そして男の自信を1日も早く、取り戻してくださいね!

PAGE TOP