悩まないで!湾曲ペニス・屈曲ペニス・ペロニー病の情報まとめ

具体的な症状

男性の悩み

ここでは「ペニスが曲がっていて、大丈夫なのか気になる」、「病気ではないかと心配」という曲がったペニスに不安を持っている方に向けて、具体的な症状に関する情報を提供していきます。

曲がったペニス(陰茎湾曲症、陰茎硬化症・ペロニー病)の症状は大きく分けると2つあります。1つは"勃起時に痛みが伴う"ということ、もう1つは"性行為が難しくなる"という症状です。

一番気になるのは放っておいてよいか、それとも病院や専門のクリニックに行った方が良いのかですよね。対処の必要性の判断についても参考になる情報をお伝えします。

屈曲ペニス(湾曲ペニス、陰茎湾曲症)の症状

曲がったペニス(湾曲・屈曲ペニス)とは、"勃起時のペニスが、根本または途中から大きく曲がってしまっていること"を指します。

実は、ある程度の曲がりは誰にでもあります。多少の湾曲は気にする必要はありません。しかし、なかなか他人と比較する機会はありませんので、不安に思われることもあるでしょう。

ただし、屈曲ペニスが酷くなると以下のような2つの症状が出ることがありますので、当てはまる場合は治療を検討すべきでしょう。

勃起時に痛みが伴う場合がある

ペニスの湾曲・屈曲の度合いが強くなると、勃起時に痛みを感じてしまうこともあるようです。勃起する度にペニスに痛みを感じるようでは、普段の生活にも支障がでしまうので、治療を検討した方がいいでしょう。

なお、屈曲ペニスの中でも、根本ではなく途中から曲がってしまっているタイプの方に痛みが出ることが多いといわれています。

性行為が難しくなる

勃起時に痛みを感じる場合は、当然性行為にも影響が出てしまいます。しかし、そこまで湾曲していない場合でも問題が生じる場合もあります。

ペニスが曲がっているせいで、挿入が難しくなったり挿入できてもすぐ抜けたりするケース、さらには相手が痛がってしまうことも。

「うまく性行為ができない」や「男性器が曲がっていて恥ずかしい」といった気持ちが、性行為に対する自信を失わせて心理的要因による勃起不全(ED)に陥る可能性もあります。

一般的な屈曲ペニス(湾曲ペニス、陰茎湾曲症)の原因

一般的に屈曲ペニスは子供の頃から気になる人は少ないようです。あなたもいかがでしょう、成長して大人になるにつれて気になり始めたのではないでしょうか?

そうやって成長してから曲がってくることを考えると、何かどこかで問題があったのではないか?と不安になってしまいますが…ペニスの湾曲は生まれつきのケースがほとんどです。

屈曲ペニスは生まれつき

屈曲ペニスは"先天性"陰茎湾曲症と言われるとおり、生まれつきの場合がほとんどです。

少し細かくペニスの成長についてお話しをすると、陰茎にある2つの陰茎海綿体があります。海綿体とは、男性器をいわゆる"起つ"状態にしてくれるものですね。2つの陰茎海綿体が、片方がよく成長しもう一方の成長がイマイチだと曲がってしまうわけです。

基本的に全く同じバランスで成長する人はほとんどいませんので、ある程度ペニスが曲がるのは自然なこと。しかし、普通の人よりもかなり成長のバランスが悪く、湾曲がひどい人がペニス湾曲症と呼ばれます

そして、海綿体の成長度合いは生まれつき持っているものですから、"先天性"陰茎湾曲症と言われます。一般的な屈曲ペニスは生まれつきということになります。子供の頃に気付かないのも、成長していないから気付きにくいという理由からです。

勃起時の痛み・性行為に支障がでるなら治療する

先ほどあげた、勃起時に痛みがある・性行為に支障がでるといった機能的障害が生じる場合は、治療を検討した方が良いでしょう。

また、自分のペニスに自信が持てないことで、性行為がうまく行かないというEDの疑いがある場合も、専門家に相談してみましょう。

しかし、大きな問題が生じておらず自分も「病気でないなら安心できる」という場合は特に措置しなくても大丈夫なこともあります。ただし、この後ご紹介する『ぺロニー病』が関係していると別の病気が隠れている場合もあるので。心配なら検査をすることをおすすめします。

手術が基本の治療方法

先天性陰茎湾曲症の治療方法は、基本的には手術をすることになります。すでに成長し、湾曲してしまったペニスを自然治癒させることはできないからです。

具体的には、曲がっている方向と逆側の陰茎海綿体の白膜を縫って縮める『プリケーション法』という手術を行います。曲がりがそこまで強くない場合は、白膜同士をくっつけて癒着させるだけで縮める方法を採るクリニックもあります。

治療費は40万~60万円とかなり高額な手術になります。ちなみに泌尿器科で治療が必要だと判断された場合は、保険適用が効く場合もあります。条件は担当医としっかりご相談ください。

ペロニー病の可能性も疑う

ペニスが曲がってしまう場合には、ぺロニー病も疑いましょう。

屈曲ペニスは先天性の場合が多いというお話しをしました。「病気じゃないのか、ホッとした」という方も、まだ安心はできません。

ぺロニー病(陰茎硬化症)の場合、男性期にしこりができる

ペロニ−病は『陰茎硬化症』と言います。

日本語の病名の通り、男性器が硬化しこりができる病気です。先ほどの先天性陰茎湾曲症でもご紹介した陰茎海綿体(白膜)というところに固い塊ができます

このしこりが原因で、ペニスのバランスが崩れて曲がってしまったり、勃起時に痛みを感じるなど先天性湾曲症に似た症状が現れます。

ペロニ−病がガンになるようなことはない

ぺロニー病で出来るしこりは良性で、それがそのままガンになるようなことはないと言われていますのでご安心ください。

しこりと聞くと「ガンになるんじゃないの?」と不安になるかと思います。自分で触って確認できるようだと尚更です。

ぺロニー病は病院で診断を受けるべし

ぺロニー病の最も恐ろしいポイントは、「もしかしたらぺロニー病じゃないかもしれない」というところにあります。つまり、他の病気だった場合はすぐに対処が必要なケースがあります。

その代表的なものが癌(ガン)です。ペニスのしこりがそもそもぺロニー病ではなくガンであるケースは考えられます。ぺロニー病なのか、ガンなのかは見極めるには、専門医でも正確な診断をするために組織検査を行う場合もあるようです[注1]

したがって、「ペニスにしこりがあるからぺロニー病だ」という安直な自己判断は禁物。もしガンだったら手遅れになってしまう可能性があります。ペニスにしこりがある場合は、すぐに専門医の診断を受けるようにしましょう。

[注1]東邦大学医療センター大森病院 リプロダクションセンター(泌尿器科):陰茎硬化症(ペロニー病)

屈曲ペニスの具体的な症状まとめ

屈曲ペニスの主な症状は2つ"勃起時の痛み"と"性行為での障害"でした。これらの症状が出てしまっている場合は、日常生活に支障が出てしまうので泌尿器科や専門クリニックで相談することをおすすめします。

また原因別でみてみると、しこりがなく一般的な屈曲ペニスの場合は勃起時の痛みや性行為障害がない場合は過度に心配する必要はなさそうでしたが、経過観察には注意を払うべきです。不安が大きい場合は専門医に相談しるとよいでしょう。

しこりがありぺロニー病が疑われる場合は、すぐに検査をすることをおすすめします。癌など危険な病気が隠れている可能性があるからです。手遅れにならないよう、専門医の指示を仰いで適切な処置を行いましょう。

PAGE TOP