悩まないで!湾曲ペニス・屈曲ペニス・ペロニー病の情報まとめ

ペロニー病とは

ペロニー病は陰茎の皮膚の下に硬いしこりができる疾患で、「陰茎硬化症」という病名で呼ばれることもあります。30代以降の男性にかかりやすい病気で、しこりは無害で特に痛みもないため良性とみなされています。

ただしこりができるということ、そして勃起するとペニスが曲がってしまうという症状が出ることから、発症した男性がコンプレックスを抱え、男としての自信を喪失したり女性との関係に悪影響を及ぼしたりという状態になることがあります。男性にとってとても怖く厄介な病気なのです。

ペロニー病の症状や特徴、診断・治療方法まで、気になる事柄を解説しています。

ペロニー病の特徴と具体的な症状

「若いときは真っ直ぐ勃起していたのに、最近何だか曲がってきた…」

そんな「ペニスの後天的湾曲」の原因は、ペロニー病(陰茎硬化症)が原因となっている場合が多いようです。

ペロニー病
症状
  • 陰茎海綿体を包む白膜という組織に、硬いしこりができる。
  • しこりの形態は「すじ状」や「板状」など、さまざま。
  • 勃起時のペニスがしこりのある方向に曲がる。
  • 勃起時に痛みを伴ったり、充分な勃起の妨げになったり、性交の障害に。
  • 発症前よりも、陰茎が短くなる。
特徴
  • 30~70代に発症するのが一般的。
  • 原因は特定されていないが、糖尿病や通風、海綿体炎との関連が疑われている。

すべては「白膜に出来たしこり」が原因となっているのですが、このしこり自体は良性で、ペニスを湾曲させる以外の悪影響はありません。

★ペロニー病に関する知っ得知識/陰茎がんの疑いは?★

「陰茎がん」の場合も、初期症状として「陰茎のしこり」を発症することがあります。
ペロニー病との区別が難しい場合は、組織検査が行われることになります。

陰茎がんは発症頻度の低いがんですが、コンジローマなど性感染症との関連が疑われています。
罹患歴がある人は、しこりができたらすぐにクリニックで診療を受けてください。

中年男性のペニスを襲う「ペロニー病」とは

ペロニー病の別名

ペロニー病は、「陰茎形成性硬結症」「海綿体硬化症」などの名称で呼ばれることがあります。どちらもペロニー病と全く同じ病気で、病院や書籍などによってはこれらの名称が使われることも少なくありません。まれに「パイロニー病」「ペイロニー病」という文字を見ることもありますが、これは誤りです。

ペロニー病の合併症

ペロニー病にかかると、勃起時に陰茎に強い痛みが現れることがあります。これは初期のみに現れる合併症ですが、この痛みによって性交ができなくなる恐れがあります。

また合併症とは異なりますが、ペロニー病は手の小指や薬指の腱が引きつったり手の平や足の裏が短縮したりするデュプイトラン拘縮という病気を持っていると発症しやすいということが判明しています。ちなみにこのデュプイトラン拘縮は、いまだハッキリとした原因は分かっていません。ただ糖尿病や痛風を抱えている人、高齢の男性などに多く見られることから、これらの病気や加齢と関係しているのでは、と考えられています。

診断方法

ペロニー病は、しこりやペニスの湾曲を早くから自覚して診療を受けた場合、治療がスムーズに進むことが多くなっています。異状を感じたら、すぐ泌尿器科やメンズクリニックなどの門戸を叩くようにして下さい。

医師による診療では、まず発症時期や過去の外傷の有無、また勃起時の硬度などについて質問があります。

その後、陰茎の湾曲度について説明する必要があります。その場でペニスを勃起させるのは難しく、また恥ずかしさも伴いますので、事前にスマートフォンなどで写真を撮影し、医師に提示すると良いでしょう。

最期に、触診で「しこり」を確認することとなります。症状や医師の経験によっては「ペロニー病」と即断できる場合もありますが、超音波検査やMRIなどを伴うこともあると考えておきましょう。

治療方法

診療を受けるのが早かった場合「しこりによるペニス湾曲が進行している最中」ということもあるようです。

その際はまず、手術を行わず「保存療法」が採用されます。具体的には内服薬の処方や、ステロイドなどの局所注射を行うことになるのです。これらを1年程度続けても、湾曲の改善効果が見られなかった場合は、外科手術を行うことになります。

ペロニー病の手術では、湾曲方向と反対側の白膜を切除し、縫い縮める「プリケーション法」か、しこりを切除したうえで真皮や静脈を移植する「移植法」が採用されます。いずれも2時間程度を要する手術で、数日程度の入院も伴います。

ペロニー病の治療は、湾曲が進むほど難易度も高まります。自覚症状がある場合は、早めにクリニックで診療を受けるようにして下さい。

ぺロニー病を治すには

ペロニー病がやっかいなのは、進行性の病気であること。風邪や骨折のように自然治癒するようなものではなく、放っておけば放っておくだけ症状は進行・悪化してしまいます。

「しこりっぽいものがあるけど少し様子をみよう」「まだ痛みもたいしたことないし、もうちょっと痛みが強くなったら」と、様子見・放置の時間はペロニー病を進行させてしまうだけで、百害あって一利なし。

症状が悪化し、大きく曲がってしまった自分のペニスを見ることは、想像を絶する衝撃をうけます。まともにセックスやオナニーもできず、男としての自信もなくしてしまう…。「あのときすぐに病院へ行けばよかった」と後悔することになりかねないでしょう。

つまり、ペロニー病は、気づいた時点で治療をうけることが最善の策なのです。

しかし、ペロニー病の疑いを持った時点でしかるべき医療機関でしかるべき治療をうければ、決して絶望するような病気ではありません。

Aさんの場合

たとえば、ペロニー病を克服したAさんは、ペニスが徐々に右側へ曲がりはじめていることに気づき、病院で診察をうけました。

ふだんの生活に影響はないものの、あきらかに進行している湾曲を何とかしたかったのですが、はじめに行った病院では保存療法のみしか対応できません。そのため、症状の進行を止められても湾曲を元に戻すことはできないという壁に突きあたりました。

そこで外科手術で湾曲を元に戻せる病院を探し、そこで手術をうけることに。手術時間はわずか40分ほど、麻酔で痛みもなく、無事に元通りのまっすぐなペニスを取り戻したのです。

湾曲が進行し不安になったAさんの体験談

ぺロニー病は早期治療が鉄則

早ければ早いほど軽度の手術で済みますし、元通りになる確率も高くなります。早期発見、早期治療はペロニー病の鉄則だといえるでしょう。

ですが、ペロニー病の治療はどこの医療機関でもできるわけではありません。とくに日本では欧米と比べてペロニー病の研究・医療体制が整っておらず、治療できる病院が限られています。

とくに外科手術で湾曲を治せるところは少ないため、対応可能な病院・クリニックをチェックしておくことは早期治療の重要なファクターだといえるでしょう。

ぺロニー病を治療できるクリニック

PAGE TOP