悩まないで!湾曲ペニス・屈曲ペニス・ペロニー病の情報まとめ

治療の流れ

曲がった陰茎(湾曲ペニス・屈曲ペニス・ペロニー病)の治療法について調べています。

曲がった陰茎(湾曲ペニス・屈曲ペニス・ペロニー病)の治療法

一般的には真っ直ぐに勃起するはずのペニスが、あらぬ方向へ著しく曲がっていると、性交時の障害になります。その症状は、先天性と後天性に大別されます。

  • 先天性陰茎湾曲症
    生まれつき陰茎内の海綿体の発育バランスが悪く、勃起時のペニスが湾曲します。
  • ペロニー病
    海綿体を取り囲み、その膨張を適度に抑え、勃起時の硬さを保つ「白膜」という組織に良性のしこりができること。
    中年以降の発症が多く、勃起時のペニスが湾曲します。

湾曲ペニスが自然治癒することはありません。大きな悩みやコンプレックスの原因となることもあり、クリニックで診療を受ける人が多くなっています。では実際に、どのような治療が行われるのでしょうか。

先天性陰茎湾曲症の場合

先天性の湾曲ペニスの場合は、思春期に本人が自覚する場合が多くなっています。しかし治療は第二次性徴が終わり、身体の発育が一段落した20代前半以降に行うのが、望ましいとされています。

治療は外科手術となります。手術時間は90分程度で、数日の入院を要します。

内容としては、発育バランスのおかしい海綿体を、周囲の組織から剥離します。これだけで終わることもありますが、ほとんどの場合は湾曲方向と反対側の白膜を切除し、縫い縮める方法が適用されます。これは「プリケーション法」と呼ばれる手術です。この手術により、湾曲はほぼ確実に矯正されます。

ペロニー病(陰茎硬化症)の場合

ペロニー病は、後天的に発症します。本人が気づいてクリニックの診療を受けるのが早かった場合「湾曲が進行している最中」ということもあるようです。

その際はまず、手術を行わず「保存療法」が進められます。具体的には内服薬の処方や、ステロイドなどの局所注射を行うことになるのです。一定期間を経て効果が見られなかった場合は、本人の希望を確認したうえで外科手術が行われます。

ペロニー病の手術は、先天性と同じく「プリケーション法」が採用されるほか、しこりを切除したうえで真皮や静脈を移植する「移植法」が採用される場合があります。いずれも2時間程度の時間を要する手術であり、数日程度入院しなければなりません。

ペロニー病によるペニスの治療は、湾曲が進むほど難易度も高まります。自覚症状がある場合は、早めにクリニックで診療を受けるようにして下さい。

ペロニー病の治療方法は「保存療法」と「手術」がある

ペロニー病の治療は、最初に保存療法から行われます。この保存療法というのは「何もしない期間」というわけではなく、「手術以外の治療法で経過観察をする期間」となります。ここでいう「手術療法以外の治療法」というのは、薬物療法のことを表しています。

クリニックやクリニックのホームページ、ペロニー病の情報が掲載されている関連サイトなどではしばしば保存療法と薬物療法が別のものと説明されることもありますが、同じ意味合いで捉えて問題ありません。

薬物療法では、内服薬の処方や薬剤の注射などが用いられます。

ただペロニー病を発症してからかなりの期間が経っており、薬物療法では治療できないと医師が判断した場合は、手術療法を勧められます。

手術を受けた後はクリニックに4日間ほど入院します。また、手術を受けて後医師から許可を得るまでは自慰行為や性行為は許されません。

治療の主な流れ

検査によりペロニー病が発覚

保存療法(薬物療法)
↓(半年~1年)
手術療法
↓(2ヶ月)
再受診(完治)

PAGE TOP