悩まないで!湾曲ペニス・屈曲ペニス・ペロニー病の情報まとめ

HOME » ペロニー病の治療を行えるクリニック一覧 » 帝京大学医学部付属病院 泌尿器科

帝京大学医学部付属病院 泌尿器科

ペロニー病治療を行う「帝京大学医学部付属病院泌尿器科」の情報を紹介するページです。

帝京大学医学部付属病院泌尿器科の特徴

帝京大学医学部付属病院_HP
画像引用元:帝京大学医学部付属病院HP(http://www.teikyo-hospital.jp/)

帝京大学の医学部付属病院泌尿器科では腎泌尿器疾患、男性機能疾患全般についての診療が行われています。

性機能障害に関する外来はもちろん、前立腺の疾患や、性不妊症についての専門的な診療・治療も行われており、経験豊富な医師が治療にあたってくれます。

最新の医療設備が整えられており、温かみのある「痛くない治療」がモットー。大学の付属病院という点でも、何かと安心できる存在ではないかと思います。もちろん、紹介状がなくても診療受付は可能となっていますよ。

帝京大学医学部付属病院泌尿器科
所在地 東京都板橋区加賀2-11-1
診療時間 8時30分~17時(土曜は~12時30分)
休診日 記載なし

帝京大学医学部付属病院のコンセプト

真摯に向き合った治療

帝京大学医学部付属病院泌尿器科には、アンドロロジー診療があります。アンドロロジーとは、男性学のことです。男性特有の悩みや疾患について専門の外来を設け、対応してくれます。

性機能の障害に対し真摯に向き合った治療を目指している病院です。生活の質を上げるためにも重要な課題として取り組んでいます。日本性機能学会専門医による診療のため、症状に応じた適切な治療が可能です。

デリケートな問題のため受診に躊躇しまいがちですが、一人で悩まずに専門医に相談してください。

担当医紹介

木村将貴

経歴

2002年 弘前大学医学部医学科卒業

2003年より 横浜労災病院初期研修医として内科、外科系の様々な科でローテート研修を実施

2004年 北里大学泌尿器科に入局

2005年 北里研究所病院勤務

2006年 国際医療福祉大学三田病院勤務

2007年 北里大学へ戻る

2008年12月 ノースカロライナDUKE大学の泌尿器外科へPostdoctoral Fellowとして留学

2010年 ニューヨークのコーネル大学プレステビアンホスピタルでのMicrosurgery Training and Research Programを受講

2012年 メリーランド大学にResearch Associateとして赴任

2013年 東邦大学大森病院リプロダクションセンター客員講師

2014年4月 帝京大学医学部泌尿器科勤務

参考:帝京大学医学部付属病院

メールでの相談も可能

帝京大学医学部付属病院泌尿器科では、電話による予約だけでなく、メールでのお問い合わせにも対応しています。勃起の写真を添付することによって、ある程度の状態の把握を行ってくれるため、ビジネスマンなど仕事に忙しい方も無理なく相談することが可能です。

その後、手術になれば2泊3日の入院を行います。保険診療のため安心して治療を受けられてください。

湾曲ペニス・屈曲ペニスの治療について

本来ぺイロニー病は泌尿器疾患です。そのため診断と治療は性機能を専門とした泌尿器科医の専門領域と言われています。帝京大学医学部付属病院ではアンドロロジー診療にて、治療経験が豊富な日本性機能学会専門医が診療から手術まで担当してくれます。

治療を行なう場合、まず検討されるのがプリケーション法とグラフト移植術です。プリケーション法とは白膜と呼ばれる部位に非吸収糸をかけて、曲がっている陰茎の外側を収縮させる方法。外側を縮めることで陰茎全体を真っ直ぐにできます。一方、グラフト移植術とは体の一部分から組織を採取し、手術に伴い欠損してしまう部分にあてがう施術。欠損部分が補完されるので、手術による陰茎の短縮が防げます。欠損部分の補完には足の静脈や口腔粘膜といった箇所の組織を使うのが一般的です。プリケーション法とグラフト移植術をベースに、細かな手術内容は症状に合わせて決定されます。

症状によっては内服薬での治療が可能な場合もあるため、できるだけ早めに相談されてください。

ペロニー病の治療について

帝京大学医学部付属病院の泌尿器科は、ペロニー病の治療にも積極的に対応しています。

性機能外来において、ペロニー病の治療経験がある「日本性機能学会専門医」が診療~手術までを一貫して担当してくれるので、心強いと思います。

受診が早期だった場合には、まず内服薬の処方や局所注射などの保存療法を実施。内服薬にはトラニスト(抗炎症効果が高く、しこりの増生を抑制する)を処方しているようです。

外科手術に関しては、縫縮法(プリケーション法)、移植法のいずれにも対応。可能な限り湾曲を矯正し、真っ直ぐな形成を行うよう、心がけてくれます。

また電話やメールでの相談にも、丁寧に対応。特にメールの場合は、勃起時のペニスの写真を貼付することで、ある程度の診療も行ってくれるそうです。自身の症状が気になっている方は、まず問い合わせてみると良いかもしれません。

ペロニー病の治療費用

帝京大学の医学部付属病院泌尿器科の公式サイトには、治療費用に関する具体的な表記はありませんが、ペロニー病に関するすべての診療費は保険適用となるようです

また手術は、土曜日に実施されているようです。

PAGE TOP