悩まないで!湾曲ペニス・屈曲ペニス・ペロニー病の情報まとめ

HOME » ペロニー病の治療を行えるクリニック一覧 » 東邦大学医療センター 大森病院 リプロダクションセンター

東邦大学医療センター 大森病院 リプロダクションセンター

ペロニー病治療を行う「東邦大学医療センター大森病院リプロダクションセンター」の情報を紹介するページです。

東邦大学医療センター大森病院リプロダクションセンターの特徴

東邦大学医療センター 大森病院 リプロダクションセンター_HP
画像引用元:東邦大学医療センター大森病院リプロダクションセンターHP(http://www.lab.toho-u.ac.jp/med/omori/repro/)

大正14年12月に「帝国女子医学専門学校付属病院」として開院して以来、東京・城南地区における医療の中核を担ってきた、歴史のある医院。特に循環器センターは内科外科ともに24時間体制で、重症患者の入院を受け入れ、専門治療を積極的に行うという実績もあります。

「高水準な医療」をモットーに、東邦大学医学部・薬学部学生に「実習の場」を提供。未来の人材育成にもあたっています。

東邦大学医療センター大森病院リプロダクションセンター
所在地 東京都大田区大森西6-11-1
診療時間 完全予約制
電話予約受付は月~金曜の14~16時
休診日 記載なし

ペロニー病の治療について

東邦大学医療センター大森病院リプロダクションセンターには、泌尿器科が設置されており、ペロニー病の治療も行われています。

同院ではまず保存的治療を実施。トラニスト(抗炎症効果が高く、しこりの増生を抑制する)やビタミンEの処方を行っているようです。痛みを強く感じている患者に対しては、ステロイドの局所注射(しこりの縮小や、痛み改善に役立つ)にも対応してくれますよ。

手術は縫縮法(プリケーション法)、移植法のいずれにも対応可能。ただし、上記の保存療法を1年間地道に続けた後の実施が原則となっています。また3泊4日程度の入院を義務付けるなど、慎重な経過観察を行ってくれます。

手術前には「プロスタグランジンE1」の陰茎海綿体注射を行い、陰茎湾曲の角度を計測し勃起硬度を測定します。このため、かなり正確な矯正が期待できそうですよ。

ペロニー病の治療費用

東邦大学医療センター大森病院リプロダクションセンターが行うペロニー病の手術は、保険診療で行われます。3泊4日の入院が伴う場合、患者の自己負担額は約15~18万円程度とされています。

ただしそれ以前に1年程度の保存療法が行われるため、都度診察料や薬代が必要になると考えておきましょう。

利用者の声をチェック

  • 以前から「自分はペロニー病という病気なのでは?」と疑うようになり、確信を持ちたくて東邦大学医療センター大森病院に行きました。

    名称はうろ覚えですが、ペロニー病の治療に関しては私が受けた縫縮法と移植法の2種類が受けられたと思います。その前に保存療法を1年受け続ける必要がありますが、病院側が定期的にしっかり経過観察をしてくれます。

    結果的に自分がペロニー病だということが分かったのですが、そのままここで手術を行い、今は元の元気な状態を取り戻せています。
    (G.Sさん/32歳)

  • ほとんどのところがペロニー病の治療を保険診療の対象外としていますが、ここだと保険診療で受けられます!実際私は保険診療で治療を受け、かかった額も20万円以下というとても低いものでした。

    ただ別途で保存療法の文の治療費用も必要となるので、もう少しかかるということを踏まえておいてください。
    (K.Sさん/34歳)

  • 東邦大学医療センター大森病院のリプロダクションセンターというところに泌尿器科があることを聞き、屈曲ペニスの治療を相談してきました。大学病院ということもあり、治療は本格的かつ慎重に行われるものでした。その甲斐あってか、手術を通して見事湾曲ペニスとお別れできました。

    保存療法から始まり、手術を含むいろいろな部分を辛抱強く頑張ってきて良かったです。
    (R.Cさん/43歳)

PAGE TOP