悩まないで!湾曲ペニス・屈曲ペニス・ペロニー病の情報まとめ

HOME » ペロニー病が引き起こす悪影響 » 自分の陰茎にしこり発見!これって良性?それとも悪性?

自分の陰茎にしこり発見!これって良性?それとも悪性?

これまで何の異常もなかったのに急に陰茎にしこりができてしまった場合、何らかの病気にかかってしまった可能性があります。それが良性のものであれば良いのですが、厄介なことに悪性のものもあるのです。
気になる陰茎のしこりに関することを、原因や種類などに分けて簡単に説明していきます。

そもそも陰茎のしこりとは?

今まで陰茎にしこりができたことのない人にとっては、「あそこにしこりって一体どんな…」と思うかもしれません。そこで、陰茎にできるしこりについて具体的に説明します。

陰茎とは男性器のことを表す言葉ですが、しこりは基本的に皮膚、つまり皮の中にできます。もし急に皮の中にしこりができてしまった場合は、「陰茎形成性硬結症」という病気にかかっている恐れがあります。

この病気の厄介なところは、ハッキリとした原因が分かっていないところです。何らかの原因で起こる炎症反応によって発生するのではないか、とは言われていますが、いまだ明確な原因は分かっていません。

また通常時に痛みや違和感を覚えることはなく、勃起時にあらぬ方向に曲がっているのを見て初めて気付く、というケースが多いようです。

原因が不明である分効果的な治療法や予防法は確立されていないというのが現状ですが、それでも超音波治療やステロイド注入、放射線照射などによる治療で回復させることができます。

これらのことから、「しこりができた」と感じたときはすぐに専門機関に見せに行くのが賢明だと言えるでしょう。

しこりにも良性がある

結論から言うと、陰茎にできるしこりの中には良性のものと悪性のもの、両方が存在します。

良性のしこりのほとんどは「粉瘤・多発性粉瘤症」と言われるものです。「陰茎粉瘤」という名称で呼ばれることもあります。簡単に言うと、これは細胞になる予定だった細胞が溜まってできた、いわば垢のようなものです。そのままにしておいて全く問題ありません。

1つ気を付けておきたいのは、粉瘤・多発性粉瘤症だと思っていたものが悪性のしこりであった場合です。例えばできたしこりに痛みがない場合や、5cmくらいにまで大きくなった場合などは悪性のしこりである可能性を疑いましょう。

体にしこりが悪性のものであるかどうかを調べるには、以下の判断基準が参考になります。

  • しこりが5cm以上大きい場合
  • しこりが急激に大きくなっていく場合
  • しこりに痛みを感じない場合

上記に挙げた項目に1つでも当てはまるという場合は、自分にできた陰茎のしこりが悪性である可能性があります。ただあくまで「その可能性が高い」というだけで、必ずしも悪性であるとは言い切れません。逆に言えば、当てはまらないからと言って良性であるとも言い切れない、ということでもあります。

良性かどうかしっかり判別したいという人や、異性のパートナーからの目が気になるという人は、病院に見せに行くことをおすすめします。また、陰茎形成性硬結症の発症と共にできるしこりも一応良性に括られていますが、こちらも早い段階で病院に見せに行きましょう。

子供にできるしこりと大人にできるしこり

男性の陰茎にできるしこりには、子供にできやすいタイプと大人にできやすいタイプの2つに分けることができます。

子供にできやすいしこりは、恥垢、つまり垢によってできたものです。一見腫瘍のように見えますが、特に治療をする必要はありません。経過観察をするだけで十分対処できます。

大人にできやすいタイプはさらに2つの種類に分けることができ、1つは吹き出物ができるタイプ、そしてもう1つは、海綿体を包んでいる膜が硬くなるタイプとなっています。

吹き出物タイプのしこりができると患部に軽度のかゆみや痛みが伴うようになります。原因は毛穴から入った雑菌の繁殖によるもので、治療には抗生物質の投与があてられています。ただ市販薬を使って簡単に治るようなものではないので、こちらも基本的に専門の医療機関に行って診療してもらうのが無難です。

もう1つのほうは陰茎にできるしこりの中でも一番厄介なタイプで、しこりが大きくなると同時に勃起時に鋭い痛みが現れるようになります。陰茎形成性硬結症という病気によるしこりです。

この病気にかかると、ペニスが曲がり湾曲ペニス(屈曲ペニス)が形成されてしまいます。だから早期の段階で投薬治療を施す必要があります。そこで効果が得られない場合、もしくは痛みや湾曲などが生じている場合は、担当医により手術治療を勧められるでしょう。

このように、陰茎にできるしこりにはいくつかの種類があります。総じて言えることは、早い段階で専門機関に相談に行くに越したことはないということです。

早期発見・早期治療を意識すれば、大事にならずに済むでしょう。

PAGE TOP