悩まないで!湾曲ペニス・屈曲ペニス・ペロニー病の情報まとめ

HOME » ペロニー病が引き起こす悪影響 » EDになる可能性

EDになる可能性

このページでは、ペロニー病の症状がEDの原因になる可能性を調査しています。

ペロニー病の症状がEDの原因になる

「若いときは真っ直ぐに勃起していたはずのペニスが、最近曲がってきた」
「勃起すると痛い」

上記のような自覚症状がある場合、ペロニー病を発症している可能性が高くなります。

【ペロニー病とは】

性的な興奮が脳から陰茎に伝わると、陰茎海綿体に血液が流れ込み、充血する(=勃起)。
陰茎海綿体は「白膜」という、丈夫で伸縮性に富んだ膜に覆われている。
この白膜が膨張を調整することで、勃起ペニスに最適な「硬さ」が付与される。

ペロニー病とは、この白膜の一部に「しこり」ができること。
形態は板状であったり、すじ状であったりとさまざまだが、触るとわかるほど、硬い。
このしこりが白膜のバランスを崩し、陰茎海綿体の膨張を上手に包み込むことが
できなくなるので、ペニスが湾曲してしまう。
また白膜が引きつることで、勃起時に疼痛を感じることもある。

ペニスのしこりが悪性腫瘍(陰茎がん)ではなく、ペロニー病である場合、大病に発展することはありません。しかし、勃起時のペニスにはさまざまな悪影響があるため、性交の障害となります。

【性行為を邪魔するペロニー病の症状】

  • 勃起時に痛みがある。
  • ペニスが湾曲しているため、スムーズな挿入の障害になる。
    または、途中で抜けやすくなる。
  • パートナーが痛みを訴え、性行為に応じてくれなくなる。

セックスの際に上記のような状況が発生すると、当事者の心理には「失敗体験」としてインプットされてしまいます。これは勃起障害(ED)の直接的な原因になりかねません。

【EDの種類】

  • 器質性…病気や薬の副作用により、勃起しない。
  • 機能性…心理的な要因により、勃起しない。
  • 混合性…要因として上記2種が混在し、勃起しない。

ペロニー病は勃起自体を妨げるわけではないので、上記のうち「機能性ED」を発症させる可能性が高くなっているのです。こうなると、性行為自体を行えなくなりますから、大問題ですよね。

ペロニー病の治療は、早ければ早いほど、簡単な治療で痛みや湾曲を最小限に抑制できることが多くなっています。失敗体験が重なり、EDを併発してしまう前に、専門医の診療を受けるようにして下さいね。

PAGE TOP