悩まないで!湾曲ペニス・屈曲ペニス・ペロニー病の情報まとめ

HOME » ペロニー病が引き起こす悪影響 » 精神的なコンプレックス

精神的なコンプレックス

ペニスが曲がっている、しこりがある、そんな症状を生むペロニー病と、メンタルの関係をまとめています。

ペニスが曲がっている…しこりがある…

男性の象徴ともいうべき、ペニス。この器官に生じた問題は、メンタルにも暗い影を落とします。

例えば「ブツブツができた」などの場合は性感染症の疑いが高いので、すぐクリニックへ行く気にもなるでしょう。

しかし「若いときは真っ直ぐに勃起していたはずのペニスが、何だか最近曲がってきた…」といった場合、原因がよくわからず、一人で不安を抱え込んでしまうケースが多いのではないでしょうか。

中年以降の男性のペニスに湾曲が生じる場合、その多くは「ペロニー病(陰茎硬化症)」を発症しています。

【ペロニー病とは】

性的な興奮が脳から陰茎に伝わると、陰茎海綿体に血液が流れ込み、充血する(=勃起)。
陰茎海綿体は「白膜」という、丈夫で伸縮性に富んだ膜に覆われている。
この白膜が膨張を調整することで、勃起ペニスに最適な「硬さ」が付与される。

ペロニー病とは、この白膜の一部に「しこり」ができること。
形態は板状であったり、すじ状であったりとさまざまだが、触るとわかるほど、硬い。
このしこりが白膜のバランスを崩し、陰茎海綿体の膨張を上手に包み込むことが
できなくなるので、ペニスが湾曲してしまう。

メンタル面での影響

ペニスの湾曲は、男性にとって大きなコンプレックスになります。上を向いているはずの勃起ペニスが、なぜか下を向いていたり、左右いずれかの方向に著しく曲がっていると、性交時にパートナーから驚かれたり、指摘されることがあるからです。

短小ペニスに悩んでいる人が多いことからも分かるように、他人の性器と自身のイチモツとの間に大きな違いを発見すると、デリケートな男性は精神的打撃を受けます。そのため「恥ずかしい」「見せたくない」などの気持ちが先に立ち、性交に積極的になれなくなってしまうのです。

ペロニー病が大病に発展することはありませんが、湾曲は自然治癒しません。上記のようなメンタル面での悪影響も見逃せませんし、クリニックでの治療が早ければ、簡単な治療で湾曲を最小限に抑制できる場合もあります。一人で悩まず、専門医に相談するようにして下さいね。

PAGE TOP