悩まないで!湾曲ペニス・屈曲ペニス・ペロニー病の情報まとめ

淋病

淋病とは?

淋病とは、淋菌と呼ばれる細菌に感染することによって起こる性感染症(STD)です。 性行為を行なうことで、粘膜同士が接触することにより感染する可能性が非常に高くなります。
この淋菌は、湿気があり暖かいところで生息するのが特徴です。私たちの体の中では、次の場所で生息しています。

  • 尿道
  • 口腔
  • 咽頭
  • 肛門

また、女性の場合には、子宮頚管、子宮、卵管などの場所も淋菌が生息している場所です。
淋病は、1回の性行為によって感染する確率が約30%と高いため、特に男性の場合には、性風俗においてのオーラルセックスによって感染することが多いと言われています。 また、淋病と診断された場合、性器クラミジア感染症に同時に感染している確率も20%~30%とも言われています。そのため、クラミジアの検査も同時に必要となってきます。

淋病の症状

男性が、淋病に感染する場所は主に尿道です。淋菌が、尿道から感染することで尿道炎や精巣上体炎などの症状が表れます。 淋病の症状としては、次のようなものがあります。

  • 尿道から膿(分泌液)が出る
  • おしっこを行う際に、激しい痛みがある
  • 尿道の不快感やかゆみがある
  • 精巣上体部の腫れ、激しい痛みや発熱

これらの症状が出た場合に治療をせずに、そのまま放置しておくと前立腺が腫れてしまう前立腺炎や、精液に血液が混ざってしまう血精液症になる可能性もあるわけです。さらに、精巣上体炎になってしまうと陰のう部(睾丸)に激しい痛みが生じ、無精子症になることもあるわけです。
淋菌に感染すると、これらの症状が2日~5日後に明らかに分かる症状が見られます。一方で全く症状が見られない場合もあるので注意が必要です。

淋病の原因

淋病に感染する原因としては、性行為での性器(陰茎・膣)、肛門、口腔などの粘膜の接触によって感染します。特に、最近では性交(セックス)だけではなくオーラルセックスによる咽頭からの淋菌感染が増加している傾向にあります。オーラルセックスをした場合、男性の性器(陰茎)から女性の咽頭(のど)に感染する場合と、 女性の咽頭から男性の性器に感染する場合が考えられます。
これらのことから 淋病は、性交による性器への感染とオーラルセックスによる咽頭への感染、または性器と咽頭への同時感染も考えられるわけです。
さらに、アナルセックスをした場合にも淋病に感染する可能性が高いことを覚えておきましょう。

淋病の対策

淋病は、これまで説明してきましたように性行為による粘膜同士の接触によって、感染が広がっていくことがわかりました。
この淋病を予防するためには、避妊用具のコンドームを使用することが重要になってきます。そのため、避妊目的だけではなく感染症の予防としても意識を持つことが大切です。 コンドームを装着するのは、男性が勃起状態になったら即装着するようにします。それは、性交で挿入するときでは手遅れだからです。オーラルセックスの時にも装着したまま行うようにし、咽頭からの感染を予防するようにしましょう。
また、淋病の感染拡大を防ぐためにも性風俗で遊ぶことを控えたり、不特定多数の人と性行為を行ったりしないように意識を持つことが大切です。

PAGE TOP