悩まないで!湾曲ペニス・屈曲ペニス・ペロニー病の情報まとめ

HOME » ペニス・ちんこの病気まとめ » 性器カンジダ症

性器カンジダ症

性器カンジダ症とは?

性器カンジダ症とは、性感染症の一つです。これは、カンジダ・アルビカンスという細菌が増殖することによって発症します。カンジダ・アルビカンスは、通常、皮膚などにいる常在菌の仲間で害を起こすことはありません。男性の場合、カンジダ菌が性器にいたとしても 症状を訴える人は少ないようです。
しかし、包茎や糖尿病、ステロイド剤などの抗生物質を使用している場合や、免疫力が低下している状態だと発症する確率が高くなるようです。
この性器カンジダ症は、男性の方が女性に比べて発症数は少ないと言われています。それは、男女の性器の構造の違いやホルモンの分泌量の変化だと考えられているからです。
また、性交によるカンジダ菌の感染する確率は約5%と言われています。

性器カンジダ症の症状

男性が、性器カンジダ症に感染した場合の症状として、亀頭包皮炎があります。この亀頭包皮炎は、亀頭部や包皮に白色をしたカスが見られたり、患部がカサついたりといった症状が認められます。また、亀頭部に違和感やかゆみを訴える人が多いようです。
その他にも、亀頭周辺や冠状溝周辺(亀頭の下部)に紅色の湿疹や、びらん(ただれ)などの症状、または小さな水泡や白いブツブツ(白苔)の症状があります。それから、カンジダ菌が尿道から入り炎症をお越し尿道炎になることも 。
このように、性器カンジダの症状をそのままにしておくと、かゆみが増すだけではなく包皮にも炎症が見られるようになるので注意が必要です。

性器カンジダ症の原因

カンジダ菌による亀頭包皮炎になってしまう原因としては、免疫力の低下や抗生物質などの投与があります。また、陰茎を洗わずに不潔な状態にしておくのも原因の一つです。

しかし、 逆に洗いすぎるのも逆効果となり、カンジダ菌による症状を悪化させる原因につながってしまいます。陰茎を石鹸で洗うことで細菌は、死滅してしまいますが、カンジダ菌に効果がなくそれに対抗する菌まで死滅させてしまうことになってしまうからです。

vそれから、性行為によってカンジダ菌が付着して亀頭包皮炎になることもあります。
包茎の人は、亀頭や包皮が湿った状態にあるので、性器カンジダ症に感染しやすい環境にあると言えますので、性行為のときは特に注意が必要です。
さらに、感染してしまうと治りにくく治療が難しい状態になってしまいます。

性器カンジダ症の対策

カンジダ菌による症状は、性感染症や性病ではないと言うことをまず抑えておきましょう。 それは、カンジダ菌は、常在菌として誰でも体に持っている菌であるからです。前述したように、疲れやストレスがあったり、 抗生物質などを服用したりして抵抗力が低下することで 誰でも発症する可能性があるのです。
そのため、対策としては以下のことで予防をすることが可能になります。

  • カンジダ菌は湿った所や温度の高いところを好むため、圧迫感のある下着や通気性の悪いものは避けて出来るだけ通気性の良い格好をする。
  • 性器を清潔に保つ。
  • 洗いすぎることによって、カンジタ菌に対抗する必要な菌まで洗い流してしまうため洗いすぎに注意する。
  • 食事や睡眠も十分にとって免疫力アップを図る。

PAGE TOP