悩まないで!湾曲ペニス・屈曲ペニス・ペロニー病の情報まとめ

クラミジア

クラミジアとは?

クラミジアとは、クラミジアトラコマチスと呼ばれる真正細菌が原因で起きる性病(性感染症)の1つです。厚生労働省の性感染症報告数によると、20016年現在国内において一番多い性感染症となっています。
このクラミジアトラコマチスは、症状の状態により3つタイプに分けることができます。その中でも人に影響を及ぼすとされるのが2種類存在します。それが、生物型LGVと生物型Trachomaと言われています。

クラミジアトラコマチスは、感染者の粘膜細胞に寄生して宿主(しゅくしゅ・・・寄生している相手)から 栄養を補給し、自力で増殖 しているのです。
また、細胞内に取り込まれた後、72時間で別の細胞に増殖をするというサイクルを繰り返しているのが特徴です。

クラミジアの症状

クラミジアになってしまった場合、どのような症状が出るのでしょうか?
男性が、クラミジアトラコマチスによりクラミジアに感染してしまうと、数日から 2週間の間に自覚症状を感じます。
最初に自覚症状が出るのが尿道です。おしっこをする際に痛みを感じたりおしっこがしみたり、さらには尿道に痒みや不快感があります。これらの症状は、尿道が炎症を起こすために起きるものです。

また、クラミジアに感染するとおしっこに膿が混ざることもあります。透明や白っぽい色で おしっことともに膿も出ますので、自分でも気が付かないことがほとんどです。
それから、不快感があり一週間以上放置をしてしまうと、細菌が尿道から前立腺へ、さらには前立腺から睾丸へと体内の奥へと菌が進行していってしまうわけです。

クラミジアの原因

クラミジアとは、クラミジアトラコマチスと呼ばれる真正細菌が原因で起きる性病(性感染症)の1つです。厚生労働省の性感染症報告数によると、20016年現在国内において一番多い性感染症となっています。

このクラミジアトラコマチスは、症状の状態により3つタイプに分けることができます。その中でも人に影響を及ぼすとされるのが2種類存在します。それが、生物型LGVと生物型Trachomaと言われています。クラミジアトラコマチスは、感染者の粘膜細胞に寄生して宿主(しゅくしゅ・・・寄生している相手)から 栄養を補給し、自力で増殖 しているのです。 また、細胞内に取り込まれた後、72時間で別の細胞に増殖をするというサイクルを繰り返しているのが特徴です。

クラミジアの対策

クラミジアに感染しないためには、どのようにしたら一番良いのでしょうか?

クラミジアは、性行為による粘膜同士が触れることで感染します。そのため、性行為をしないことが一番の対策になります。しかし、それは 現実的ではありませんよね。
そこで、大切になってくるのが、セックスを行う際は必ず避妊用具を使用するということです。避妊用具を使用するのとそうでないのでは、感染率が50%も高くなるわけです。
また、セックスだけではなくキスやオーラルセックスでも、クラミジアに感染する可能性がありますので、性器が傷ついている場合や口の中が傷ついている場合、歯槽膿漏があるなど自覚症状がある場合は避けるようにしましょう。

さらに、クラミジアによる感染症を防ぐために大切になることが、不特定多数の相手と性行為をしないこと。
そのため、カップル同士がお互いにクラミジアの検査を行い、意識を高めることで感染の拡大を防ぐことが大切になってきます。

PAGE TOP