悩まないで!湾曲ペニス・屈曲ペニス・ペロニー病の情報まとめ

HOME » ペロニー病の治療体験談 » 遠方から駆けつけて手術したEさん

遠方から駆けつけて手術したEさん

このページでは、上反りペニスの悩みを抱えていた人(50歳・会社員)の、矯正体験談を紹介しています。

上反りペニスの矯正体験談

私はもともと、ペニスが上反りでした。「多少上反りの方が歓ばれる」なんていう意見もありますが、何というか「反り返っている」感じのペニスだったので、セックスの際に不都合が生じることもあったのです。

そんな話を友人にしたところ「ペニスの修正手術の名医がいる」と紹介を受けたので、東京からわざわざ名古屋まで足を伸ばしました。

クリニックを訪れてみると、とても混み合っていて、待ち時間は長くとられました。でも内部は広かったし、スタッフの対応も良かったので、苛立ちを感じるというようなことは、なかったです。

カウンセリングは、友人が名医と呼んでいた若い男性医師が担当してくれましたが、感じが良くしっかりとした印象で、好感を持ちました。ペニスの湾曲に関する手術症例が多いとのことだったので、安心感がありました。

私の場合は「当日の手術も可能」という診断。遠方から来たこともあり、お願いすることにしました。緊張がないわけではありませんでしたが、痛みには強い方なので、いきなりの手術に戸惑いは感じませんでした。時間は30分程度。入院などもなかったです。

術後3日間は、止血の包帯をつけたままシャワーを浴びました。4日目からは自分で消毒。それ以外には、薬の内服がありました。もっとやるべきことが多いのではないかと想像していたので、怪我のケア程度で済んでしまうことに、驚きました。

現在は上反り状態がかなり改善したので、満足しています。ペニスの手術に対して抵抗感がなくなったので、次は亀頭増大をお願いしようかな、などと考えています。

いかがでしょうか?腕の確かな医師に担当してもらうために名古屋まで行ったかいがあったようですね。

ペロニー病の手術をしてくれた後に、亀頭増大などの施術をされる方は、少なくないみたいです。とにもかくにも、ペロニー病の改善はクリニックで専門医に相談することから始めましょう。

PAGE TOP