悩まないで!湾曲ペニス・屈曲ペニス・ペロニー病の情報まとめ

HOME » ペロニー病の治療体験談 » 手術で自信を取り戻したDさん

手術で自信を取り戻したDさん

このページでは、「勃起すると痛い」という悩みを抱えていた人(32歳・会社員)の、矯正体験談を紹介しています。

「勃起すると痛い」ペニスの矯正体験談

ある時、朝勃ちしたペニスに痛みが走りました。その時はあまり気にしていなかったのですが、マスターベーションをする時にも同様の痛みが走るようになり「これは何かの病気だろうか…?」と不安を覚えるようになりました。また、以前よりペニスが左に曲がってきたように思えたので、ますます心配が大きくなりました。

「勃起すると痛い」という恐怖感があるせいで、性行為に積極的になれません。このままだとEDになりそうな気がしたので、病院へ行こうと思いました。

訪れたクリニックは、すごく高級な雰囲気というわけではありませんでしたが、怪しげとか不潔ということもなかったです。受付スタッフは女性で「今日はどうされましたかぁ?」なんて聞かれるので、正直に話をするのは、若干気が引けました…。でもカウンセリングから、男性のドクターに代わりました。

ドクターの話はかなり分かりやすく「ペロニー病を発症している」とのことでした。しばらく薬の内服を行って、しこりを小さくした後で、手術に臨むことになりました。

手術中は麻酔をするので、痛みはほとんどありませんでした。ただし「手術時間は30分程度」と聞いていたのに、1時間以上経過していたので、少し不安を感じたのを憶えています。

手術を終え、数ヶ月が経過した今、勃起時の痛みは全くなくなりました。お陰で、マスターベーションやセックスにもまた積極的になれました。同じような悩みを抱えている人がいたら、手術をすることをおすすめしますよ。

いかがでしょうか?勃起すると痛いなんて、男性からしたらとても苦しい悩みです。

このような状態になればクリニックに駆け込むのは当然だと思いますが、きっと予兆はあるはずです。少しでも変だなと思ったら、専門医の診療を受けて損はないと思います。

PAGE TOP