悩まないで!湾曲ペニス・屈曲ペニス・ペロニー病の情報まとめ

HOME » ペロニー病の治療体験談 » 彼女のために治療を決めたCさん

彼女のために治療を決めたCさん

このページでは、下反りペニスの悩みを抱えていた人(43歳・自営業)の、矯正体験談を紹介しています。

下反りペニスの矯正体験談

「俺のペニスって、下反りなのかな」という自覚はありましたが、40歳を過ぎるまでそのままにしてきました。セックスする時も、それほど不自由を感じたことはなかったんです。しかし、半年前に結婚した年下の妻が「実はあなたとのセックスがつらいの、痛いの」と涙ながらに訴えるのを聞いて、真剣に治療を考えるようになりました。

そういえばこれまでも、セックス中にペニスが抜けてしまうことが多かったなと、思い当たることがあったんです。そこで色々と情報を調べ、クリニックへ訪れることにしました。

クリニックはすごく繁盛していて、たくさんの患者さんがいました。「みんな、シモの悩みなのかな」なんて考えると、少し安心感が湧きました。院内は清潔で、待合室には仕切りがついていたので、恥ずかしさはそれほど感じずに済みました。

カウンセリングの際に担当してくれた先生は、とても気さくな雰囲気だったので、リラックスできました。こちらの話によく耳を傾けてくれたうえで、すぐの手術を提案されました。事前に調べた情報では、薬などの内服から始めると思っていたので驚きましたが、あくまで本人の意思を尊重してくれている感じで、信頼できました。

手術はあっという間で、特に問題を感じることもなかったです。でも手術後に麻酔が切れてからは、痛みがありました。「できるだけ清潔に保ってください」「手術後4日目からはシャワーで軽く洗っても大丈夫」と言われましたが、何だか痛そうな気がしたので、しばらくは消毒のみで対応していました。

もちろん現在は痛みもなく、下反りだったペニスが真っ直ぐ勃起するようになりました!これで子作りに励めます。本当にありがとうございました。

いかがでしょうか?先天的であれ、後天的であれ、ペニスの湾曲は自然治癒しません。

自分だけの問題ではなく、セックスのパートナーのためにも治療は必ず行うべきです。まずはクリニックで専門医の診療を受け、改善を目指していきましょう。

PAGE TOP