悩まないで!湾曲ペニス・屈曲ペニス・ペロニー病の情報まとめ

HOME » ペロニー病の治療体験談 » 手術を長年迷っていたBさん

手術を長年迷っていたBさん

このページでは、「ペニス曲がってる」という悩みを抱えていた人(26歳・会社員)の、矯正体験談を紹介しています。

俺、昔から「ペニス曲がってる」

ペニスが平常時から、かなり左に曲がっていました。高校生ぐらいの時から気になってはいましたが、あまり他人と比べるような機会もなかったので、そのままにしておいたのです。

でも友人と温泉施設に行く機会があり、彼らのペニスが目に飛び込んできた時「やはり俺は、普通と違うみたいだ」とショックを感じました。正直に言うと、かなり恥ずかしくて、その場ではずっとタオルで股間を隠していました。

社会人になってから意を決して、クリニック訪れることにしました。緊張はしたけど、圧迫感のない良い雰囲気で、受付の方たちの印象も非常に良かったです。美容外科ということもあり、女性スタッフに色々聞かれましたが、あまり気にはなりませんでした。

診察・カウンセリングは男性のドクターで、とても分かりやすかったです。俺の場合は先天的な湾曲だったようで、海綿体に原因があったようです。ドクターの図による説明もわかりやすくて、納得したうえで手術を決断することができました。

泌尿器の手術の症例数が非常に多い担当医だったので、安心感がありました。実際の手術時間は20~30分程度だったと思います。痛みに関しては、麻酔の時に少しだけチクリとしました。でも最初に聞いていたので「この程度なら大丈夫」と感じたのを憶えています。

手術後は自宅での患部消毒、それから1週間程度、薬を内服しました。それほど大変ではないです。

これでやっと、普通のペニスに近づけた気がします。今では温泉やサウナにも堂々と行けるようになり、とてもうれしい気分です!

いかがでしょうか?肉体的なコンプレックスが解消されることで、精神的にも明るくなれたという事例です。

ひとりで悩んでいるだけでは何も解決しません。少しでも気がかりな状態ならば、クリニックの専門医に相談してみてはいかがでしょうか。

PAGE TOP