悩まないで!湾曲ペニス・屈曲ペニス・ペロニー病の情報まとめ

薬物療法

このページでは、ペロニー病の治療に用いられる薬について調べています。

ペロニー病の治療に用いられる薬

中年以降に勃起ペニスの湾曲を自覚し、専門医の診療を受けたところ「ペロニー病」と診断された場合には、まず薬の内服を始めます。

【ペロニー病治療に用いられる薬の代表例】

  • トラニスト
    抗アレルギー薬で、抗炎症作用が高い。また、結合組織(しこり)の増生を抑制。
  • ビタミンE
    脂溶性で傷の治癒を助け、瘢痕化を軽減するのに役立つ。
  • コルヒチン
    結合組織(しこり)形成に重要なコラーゲンの産生抑制・分解に役立つ。
  • 非ステロイド系消炎鎮痛軟膏
    痛みを伴う場合、症状の改善に役立つ。

また、上記の服薬と並行して、局所注射が行われることも、多くなっています。

【ペロニー病治療の局所注射に用いられる薬の代表例】

  • ステロイド
  • コラーゲン分解酵素
  • インターフェロン
  • カルシウム拮抗薬

※すべてしこりの縮小や、痛み・勃起障害などの改善に役立たせるために使用。

これらの保存的な治療は、半年~1年程度の時間をかけ、継続的に行われていくことになります。

【知っ得知識】アメリカで認可されたペニス湾曲薬剤

ペロニー病のしこりに対し、局所注射の薬物はさまざまに検討されていますが、
決定打となるものは出ていません。
しかし近年FDA(アメリカ食品医薬局)が、
「コラゲネーゼ」という薬品をペロニー病の注射治療に認可しました。
コラゲネーゼには繊維成分を溶かす働きがあり、
ペロニー病の屈曲や痛み改善に役立つという試験結果が出ているそうです。
日本での治療にはまだ使用できませんが、近い将来、状況が変わるかもしれません。

まず薬からスタートする理由

ペロニー病の治療と聞くと、まず外科手術をイメージする人がいるかもしれません。ではなぜ、薬物を使用した保存療法からスタートするのでしょうか?

【ペロニー病に対する保存療法の役割】

  1. 早期に治療をスタートした場合、保存療法だけでしこりが縮小したり、
    湾曲を最小限に抑えられる場合がある。
  2. しこりが増大し、手術を選択する場合でも、一定期間服薬を行うことで、
    しこりをある程度縮小できる場合が多い。

服薬だけで治癒できれば、とてもラッキーですよね。

またペロニー病の手術には、高い技術が要求されます。まず薬でしこりを縮小させることで、手術の際にかかる、医師の負担を軽減させられるのです。

PAGE TOP