悩まないで!湾曲ペニス・屈曲ペニス・ペロニー病の情報まとめ

保存的治療

このページでは、ペロニー病の保存的治療法について調べています。

ペロニー病の保存的治療とは?

生まれつきではなく「加齢とともにペニスが曲がってきた」という場合、ペロニー病(陰茎硬化症)の疑いがあります。

ペロニー病とは
症状
  • 陰茎海綿体を包む白膜という組織に、硬いしこりができる。
  • しこりの形態は「すじ状」や「板状」など、さまざま。
  • 勃起時のペニスがしこりのある方向に曲がる。
  • 勃起時に痛みを伴う。
  • 挿入できない、途中で抜けるなど、性交の障害になる。
  • 発症前よりも、陰茎が短くなる。
特徴
  • 30~70代に発症するのが一般的。
  • 原因は特定されていないが、糖尿病や通風、海綿体炎との関連が疑われている。

ペロニー病と診断された場合、特に大病に発展することはないものの、陰茎の湾曲や痛みは自然治癒しません。特に性行為の障害になりやすいので、真剣に治療を検討する人が多くなっています。

治療を急いだ方が良いワケ

ペロニー病のしこりは良性ですが、陰茎がんのしこりと区別がつきにくい場合も多くなっています。しこりの有無は手で触ればわかります。自覚症状があったらすぐに専門医の診療を受けましょう。

また、診療を急いだ方が良い理由がもうひとつあります。これは、陰茎がんではなく、ペロニー病だった場合でもです。

【ペロニー病は進行する】

ペロニー病は発症してから半年~1年間が活動期。
この間にしこりが増大し、陰茎の湾曲も進行していきます。

しこりが大きくなってしまうと、湾曲を矯正するため、最終的に外科手術を選択せざるを得なくなります。外科手術には一定のダウンタイムや費用、そして医師の技術力が必要です。

しかし、早期に治療を始めた場合、手術に踏み切らなくても、ペニスの湾曲を矯正できるケースがあります。薬の処方や局所注射で、しこりの増大を抑えることができるからです。

このように、進行を抑え症状を安定させる治療法を、保存的治療といいます。

ペロニー病は、何よりも早期治療が大事な症状でもあるので、ペニスにしこりがあると気づいた時は、一人で悩むより、まず専門医の診療を受けるようにして下さい。

保存的治療は手術前にも行われる

薬や局所注射によるペロニー病の治療は、外科手術の前にも採用されます。すでに大きくなってしまったしこりにも、一定の縮小効果があるからです。

ペロニー病の手術には高い技術が要求されますので、まず病状を抑制する保存療法が必要というわけですね。

保存的治療には、短くても半年程度の時間が費やされます。ある程度の時間がかかることをふまえて、「ペニスの湾曲を1日でも早く治したい」という方は、なるべく早めに専門医の診療を検討したほうが良いでしょう。

PAGE TOP