悩まないで!湾曲ペニス・屈曲ペニス・ペロニー病の情報まとめ

HOME » ペロニー病の治療法【非手術的治療】

ペロニー病の治療法【非手術的治療】

こちらのカテゴリでは、『外科手術の前に行われるペロニー病の非手術的治療』について調査しています。

非手術的治療とは『症状に時間的猶予があり、手術を行わずに改善する可能性がある状態において、内服薬や注射などで治療を行うこと』を指します。

どんな方法であれ、手術を行うと出血や麻酔による後遺症の可能性を発生させるため、「ペロニー病かもしれない…」と思ったら、まずは非手術的治療から検討しましょう。

ペニスにしこりができるペロニー病の概要

ペロニー病についての概要は、以下の通りです。

ペロニー病とは、陰茎海綿体の白膜にしこりが発生する病気であり、このしこり自体は良性です。しかし、しこりができることでペニスが曲がったり、勃起時に痛みがあったり、性交時に顕著な障害を発生させます。

参考論文『ペロニー病』永尾 光一

「勃起したとき、ペニスが曲がっている気がする…」「ペニスの一部に、硬いしこりがあるかも…」

こんな自覚症状があった場合、ペロニー病が発症している可能性が高いため、とにかく早い段階で病院へ行きましょう。

ペロニー病は性交時に大きな障害を発生させる

ペロニー病はペニスが曲がることで正常な挿入ができなかったり、勃起した際の痛みゆえに性交自体が苦痛になったりするため、ときにはEDも引き起こす可能性があります。

また、自分自身だけでなく、パートナーにも苦痛を与えることがあるのです。

「挿入してもすぐに抜けて、セックスが続けられない…」「パートナーがいつも痛みを訴えてくるから、なんとなく気まずい…」

こうした状況に悩む方もペロニー病の可能性がありますので、パートナーと相談し、きちんと医師の診断を受けるべきでしょう。

外科手術の前に検討すべき保存的治療

ペロニー病の治療では外科手術が行われることも多く、その場合は『しこりを切り取り、白膜を縫い合わせてペニスを矯正する』といった方法になります。

ですが、その前に薬や注射を用いた『保存的治療』を行うのが一般的であり、こちらで症状が改善された場合、外科手術が不要になるでしょう。

最初にも触れたように、外科手術はリスクも大きいため、まずは保存的治療から検討してください。

保存的治療を受けるには早期発見が大事

薬などを使った保存的治療は体への負担も少なく安全性が高いですが、ペロニー病が進行しすぎていたら効果も期待しにくいため、とにかく早期発見が大事です。

少しでも異常を感じた際に病院へ行けば、早い段階で専門医と相談でき、効果的な保存的治療が受けられます。ペロニー病を少ない負担で早く治したい場合、医師との相談が不可欠なのです。

自分やパートナーが少しでも異常を感じていたら、迷わず診断を受けてください。

非手術的治療に分類される保存的治療と薬物療法について

本カテゴリではペロニー病の非手術的治療に役立てていただくため、『保存的治療』と『薬物療法』に関するコンテンツをご用意いたしました。

  • 保存的治療

    ペロニー病の治療において、保存療法が用いられる意義を調査しています。「すぐにでも外科手術を受けて、早く治すほうがいいのでは?」とお考えの方は、ぜひ保存的治療の意義について確認し、安全に治すことの大切さをご確認ください。

  • 薬物療法

    ペロニー病の保存的治療を受ける際に、使用されている薬について紹介していきます。「手術もそうだけど、薬での治療も怖いかも…」とお悩みの方は、治療にどんな薬が使われているか、そして安全性やメリットはどうなのかをチェックしてください。

これからペロニー病と向き合って治療される方は、ぜひ各ページに目を通してみてください。

ペロニー病は治らない病気ではありませんので、正しい知識を身につけて、しっかりと完治させてくださいね。

PAGE TOP