悩まないで!湾曲ペニス・屈曲ペニス・ペロニー病の情報まとめ

HOME » ペロニー病の治療法【非手術的治療】

ペロニー病の治療法【非手術的治療】

このカテゴリでは、外科手術の前に行われる、ペロニー病の治療について調査しています。

ペニスの急な変化には要注意!

「なんだか最近、勃起した時のペニスが曲がっている」
「陰茎の一部に、硬いしこりがある」

こんな自覚症状があった場合、ペロニー病が発症している可能性が高くなります。

ペロニー病は、陰茎内の白膜という組織に、しこりができる病気です、しこりは良性なので、大病に発展することはありません。しかし、しこりのせいでペニスが湾曲します。湾曲は主に、性交時の障害となるのが問題です。

早期発見の場合は、「保存療法」で治療することができ、外科的手術をしなくてもペニスを矯正することができます。また薬物療法という治療法もあり、なるべく体に負担をかけないようにすることもできますが、これは医師との相談が必要。

とにもかくにも、自分のペニスに異変を感じたら、真っ先に診てもらった方がいいでしょう。

「挿入してもすぐ抜け落ちてしまう」
「パートナーが痛みを訴える」

という事態が発生するケースもあります。湾曲が著しい場合、挿入自体ができなくなってしまうこともあるのです。仮に挿入したとしても、パートナーが痛がったりして、満足いくセックスはなかなかできないのが現実です。

ペロニー病の治療には、外科手術が採用されることが多くなっています。しこりを取り除き、白膜を縫い合わせることで、ペニスの湾曲を矯正するのです。しかしその前に、薬や局所注射による保存的治療が行われるのが一般的です。

本カテゴリでは、ペロニー病の「非手術的治療」について、特集しています。以下のようなコンテンツを用意しました。

  • 保存的治療…ペロニー病の治療で、保存療法が用いられる意義を調査しています。
  • 薬物療法…ペロニー病の保存的治療の中で、用いられる薬とは?紹介していきます。

ぜひ各ページの内容に目を通してみてください。そして、ペロニー病治療の知識を深めるためにお役立ていただければ、と思います。

PAGE TOP