悩まないで!湾曲ペニス・屈曲ペニス・ペロニー病の情報まとめ

HOME » ペロニー病が原因で引き起こす、合併症や癌のリスクはあるの?

ペロニー病が原因で引き起こす、合併症や癌のリスクはあるの?

ペロニー病が持つ症状以外の注意点

ペロニー病の症状と陰茎がんの症状は「しこりができる」という共通点があるため、しこりがみつかったときに独断で「これはペロニー病だ」「これは陰茎がんによるしこりだ」と決めつけるのはNGです。専門のクリニックを通してしっかり診断してもらいましょう。

注意したいのは、診断の結果ペロニー病だったからといって安心してはいけないということです。ペロニー病には合併症や後遺症を引き起こす可能性があるからです。

ペロニー病が引き起こす合併症・後遺症

ここでは、ペロニー病が引き起こす合併症や後遺症について紹介していきます。

ペロニー病の合併症

ペロニー病の症状として、勃起時のペニスの痛みがあります。この症状により、性行為ができなくなってしまいます。仮に性行為をしたとしても、ペニスの湾曲具合によっては相手の女性が陰部に痛みを感じてしまいます。

また、人によっては手足の拘縮が見られることもあります。

ペロニー病の後遺症

しこりができた箇所が陰部背神経もしくは動静脈を巻き込んでいる場合は、ペニスにしびれや勃起障害が生じることがあります。ただこれらの症状は術後次第に治まっていきます。

ちなみに後遺症とは別ですが、手術の方法によるデメリットのようなものもあります。例えば縫縮法を受けた場合、陰茎が短くなり、また勃起時に生じる痛みは術後も残ります。移植法に関しても、術後における勃起障害が縫縮法よりも濃く出る傾向にあります。

ペロニー病に似ている陰茎癌とは?

陰茎癌は文字通り陰茎にできるがんのことで、ペロニー病と同様に陰茎にしこりが作られます。ペロニー病によってできるしこりは良性ですが、陰茎癌によるしこりは悪性のものです。

陰茎癌はれっきとした癌の一種で、陰茎の皮膚もしくは亀頭部分から発生します。発症後、患部に痛みを感じることはあまりありません。しかし病状が進行すると徐々に痛みを感じるようになり、出血することもあります。さらに癌が鼠径リンパ節、血行性に転移し、全身に倦怠感を覚えたり体重が減少したりといった症状が出る可能性もあります。

これらのことから、ペロニー病と陰茎癌は全く異なる症状を持つ病気であることが分かります。

しこりがなくてもぺロニー病にかかる?

ペロニー病が発症するときは、陰茎にしこりができる場合がほとんどです。ただ、しこりがなくてもペロニー病が発症しているケースもあります。このようなペロニー病のケースを「先天性陰茎湾曲症」と言います。

先天性陰茎湾曲症は、名称にもあるように先天性、つまり生まれつき抱えてしまうもので、生まれたときから陰茎の勃起時に根元もしくは途中から湾曲した状態となる病気です。湾曲の度合いが強いと勃起時に痛みが生じることがありますが、勃起していないときには痛みは出ません。

また、湾曲の度合いによっては性行為時に相手女性の膣にうまく挿入できなかったり、挿入できても相手に痛みを伴わせたりといった性交障害が生じることがあります。

近年はこの先天性陰茎湾曲症を持って生まれる男児の数が増加傾向にあり、男児の300~500人に1人の割合で発生していると言われています。遺伝によるものかは分かっていませんが、父親や兄弟がこの病気を抱えていると同様に抱えて生まれてくる可能性が高い傾向にあります。

先天性陰茎湾曲症の治療は、後天性とは違い初めから手術療法で行います。先天性のものなので手術を実施するタイミングは非常に早く、1~3歳の頃に行うのが一般的です。手術の方法は一期手術と二期に分けて行う二期手術の2通りのやり方がありますが、最近は医療機器の発達により一期手術が多く用いられるようになっています。

この病気を抱えて生まれてきた男性は症状によるコンプレックスを抱えてしまうことが多く、そのせいで強いストレスを抱え勃起不全となることもあります。

自分の陰茎が湾曲していることに気づいたとき、それが先天性によるものか後天性のものかを調べるには、陰茎にしこりがあるかどうかで判別できます。そのしこりが陰茎癌による可能性も0ではないので、早い段階で専門のクリニックに診療に行くようにしましょう。

PAGE TOP